爪車

RS-485の接続

RS-485通信の接続のメモです。

・RS-485とは
一対の信号ラインに上に最大32台の装置を芋づる式に接続できるマルチドロップによる通信方式です。
信号の伝送には差動信号を用いているので、ノイズに強く、高速で、遠距離の通信ができます。
半二重通信となるので一台の装置が同時に送信、受信ができません。送受信を切り替える必要があります。
一対の信号ラインに多数の装置が接続されている場合の送受信は
送受信が同時にできないので、送信が1、受信が多、という接続になります。
どの装置が送信するかといった送受信の手続きを決める必要があります。

接続形態  マルチドロップ
通信モード 半2重
伝送方式  差動信号
ライン当たりのドライバ数 32
ライン当たりのレシーバ数 32
最大距離 1.2km (100kbps以内)
最大速度 10 Mbps (15.24m以内)

詳しくはhttp://www.ibsjapan.com/RS485.htm

秋月電子通商で購入したリニアテクノロジーのRS-485インタフェース・トランシーバ LTC485CN8を使ってRS-485通信してみました。

DSCN0655.jpg

DE端子とRE端子はドライバとレシーバの制御端子です。
DE,REともにHレベル -> ドライバとして機能
DE,REともにLレベル -> レシーバとして機能

RO端子は受信データの出力、
DI端子は送信データの入力です。
マイコンと接続する場合は、RO,DIとマイコンは直接接続してください。
間違ってRS-232信号などとは接続しないでください。

トランシーバーどうしはA,B端子で接続します。AはAと、BはBと接続します。
A,B端子のほかにGNDも接続します。
よってトランシーバーどうしは3本の線で接続することになります。

下の図のRtは終端抵抗です。通常は120Ωを使用します。

DSCN0653.jpg

以上の写真は付属の資料からです。

・マイコンとの接続
マイコンとは直接接続します。
送受信の際はマイコンでDE,RE端子を制御してトランシーバーの送受信の切り替えをします。

・PCとの接続
通常のPCのシリアルポートにはRS-232しか接続できません。RS-232とRS-485は直接接続できないので、RS-485の信号をTTLにしてからRS-232信号にしてPCと接続します。
PCのシリアルポート -(RS232)- RS232トランシーバ -(TTL)- RS-485トランシーバ -(RS485)---
となります。

RS-485通信では、送受信の切り替えのための制御をする必要があり、送受信の手続きのは自分で決める必要があります。
送受信を固定してしまい送受信の切り替えがないような接続なら簡単に接続できます。

« blog移転してきました|Top|SH7125の通信速度 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tsumeguruma.blog46.fc2.com/tb.php/22-39af96a4

Top

HOME

tsumehashi

Author:tsumehashi
FC2ブログへようこそ!

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -