FC2ブログ

爪車

SH7125ボード焼ける

先ほど誤ってSH7125マイコンボードに定格5Vのところに9Vを接続してしまいました。
焦げるような臭いで気が付いたのですが、マイコンチップが触れないくらいに熱くなっていました。
おそらく焼けてしまったと思いますが、ためしに5Vに接続しなおして電源スイッチを入れたところ、プログラムは正常に動作しました。(LEDの点灯,シリアル通信の動作を確認)
しかし、すぐにマイコンチップが触れないくらいに熱くなったので、使用を中止しました。

とても初歩的なミスですが、マイコンを焼いたのは今回が初めてです。
それでもプログラムが動作したのには驚きました。
このまま実験として動作させ続けてみたいのですが、ベースボードまで壊したくないのでやめておきます。

ベースボードから取り外して100円硬貨との大きさの比較をしてみました。

DSCN0490.jpg

中央がAKI-7125、中央上がAKI-3664N、右がXBee無線モジュールです。

« PCBカッター(K-110)を購入しました|Top|SH7145Fモニタプログラム導入メモ 2 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tsumeguruma.blog46.fc2.com/tb.php/7-94d7dcac

Top

HOME

tsumehashi

Author:tsumehashi
FC2ブログへようこそ!

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -