FC2ブログ

爪車

ヒト型ロボット 23 USB-シリアル変換

ART-Linux化したUbuntu 8.04でUSB-シリアル変換のFT232を使ってシリアル通信してみました。

ART-Linuxを入れたPCは中古で買った物で、シリアルポートも付いていたのですが、OSから認識されず、使えなかったので、ストロベリーリナックスUSBシリアル変換モジュールキット「FT232RX」 を使ってみました。

ART-Linux化したので、ドライバ関係が心配だったのですが、接続しただけで仮想COMポートとして認識されました。

認識されているのかの確認は端末から
$ dmesg
で確認できます。
/dev/ttyUSB0
として認識されてました。

とりあえず、非リアルタイム処理での通信の確認をしてみました。

WindowsでいうTeraTermに相当するものとしてcutecomを使用してみました。
cutecomはGUIのターミナルソフトです。
デバイスの選択のところの一覧には/dev/ttyUSB0がないので、自分で書き加えます。
FT232RXのTXDとRXDのピンをジャンパーピンでつないでループバックテストをしてみました。
600~921600bpsの各種Baud rateで通信できました。
非リアルタイム処理でなら問題なく使用できるみたいです。

リアルタイム処理でも自由に通信できれば、PCからロボットを自由に制御できるようになります。

« SH7125でPWMサーボの制御|Top|ArduinoでICS2.0制御の実験 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tsumeguruma.blog46.fc2.com/tb.php/70-3ed19e43

Top

HOME

tsumehashi

Author:tsumehashi
FC2ブログへようこそ!

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -